この企画は田舎館村むらおこし推進協議会が主催する、『田植え稲刈り体験ツアー』が今年で10回目を迎えるため、「記念となるイベントに」ということで、毎年使う水田に隣接する三枚の水田を加えての実施となりました。

田舎館村役場からの水田風景

 「千人の力で田んぼに巨大なアートを」、という言葉どおり、約15,000uの水田をキャンバスに見立て、千人を超える参加者が田植えを行いました。古代品種といわれている『紫稲』『黄稲』、現代品種の『つがるロマン』という三種類の苗を用いて絵を描き、夏には大きな稲穂や文字が浮かび上がり、秋には「津軽富士」で有名な『岩木山』の絵が道行く人たちの目を楽しませました。

 また、このイベントの模様はNHK衛星第2ハイビジョンの番組『熱血!ふるさと対抗千人の力コンテスト』で放映され、厳正な審査の結果「インパクト賞」を受賞しました。