稲作体験ツアー情報

2013年5月8日

平成14年度からの田んぼアートの模様がご覧頂けます。

年度
(回数)
航空写真
(写真をクリックすると色の移り変わり等がご覧いただけます)
内容等
平成14年度
(第10回目)
平成14年度写真  『田植え稲刈り体験ツアー』が今年で10回目を迎えるため、「記念となるイベントに」ということで、毎年使う水田に隣接する三枚の水田を加えての実施となりました。
平成15年度
(第11回目)
平成15年度写真  イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作でもある「モナリザ」に挑戦しました。この作品は遠近法を使わなかったため、展望台から見ると少し太めのモナリザとなりました。
平成16年度
(第12回目)
平成16年度写真  青森県出身の版画家棟方志功の「釈迦十大弟子の羅ご羅(らごら)の柵」(右)と「山神妃(やまのかみひ)の柵」(左)に挑戦し、今までにない細やかな作品なため、うまく表現できるかが問題でしたが見事な出来上がりに見学者も驚いていました。
平成17年度
(第13回目)
平成17年度写真  東洲斎写楽作「二代大谷鬼次の奴江戸兵衛」(左)と喜多川歌麿作「歌撰恋之部・深く忍恋」(右)に挑戦し、昨年度よりさらに細かな作業となりました。
平成18年度
(第14回目)
平成18年度写真  俵屋宗達作「風神雷神図」に挑戦。これまで3色、3種類の苗(つがるロマン・黄稲・紫稲)を使用していたが、新たに紅染、紅都という赤い色の苗を加え、色のバリエーションが増えました。
平成19年度
(第15回目)
平成19年度写真  葛飾北斎作「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」と「凱風快晴(赤富士)」です。
平成20年度
(第16回目)
平成20年度写真  七福神「恵比寿様と大黒様」で開運招福!
平成21年度
(第17回目)
平成21年度写真  日本の雄と西洋の雄の共演!「戦国武将とナポレオン」
 いざ、田んぼアートに参上!御覧あれ! 
平成22年度
(第18回目)
平成22年度写真  今年は弁慶と牛若丸に挑戦します!
平成23年度
(第19回目)
平成23年度写真  田んぼアート発祥の我が村が日本最古の物語と言われる「竹取物語」に挑戦!
月の使者に付き添われ、月へ還っていくかぐや姫と、涙してそれを見送る翁(おきな)と媼(おうな)の姿を、新色(オレンジ、深緑)を加えた7色の稲で表現します。
平成24年度
(第20回目)
平成24年度第1写真平成24年度第2写真 第一アートの今年の題材は「悲母観音と不動明王」。
悲母観音は人の子に対する慈悲や鎮魂、不動明王は悪魔払いの意味があり、東日本大震災で亡くなった方への鎮魂と厄払いの意味を込めて採用となりました。

第二田んぼアートの今年の題材、まずは村章を掲げた北前船に乗る七福神です。今年の干支の辰が船を先導し、東北の復興が順風満帆に進むように、という願いが込められています。
そして、その後ろをマジンガーZが追いかけるように飛んでいます。このマジンガーZは、株式会社家の光出版総合サービスが主催している「田んぼアートニッポンプロジェクト」の今年の統一テーマで、本村もこれに参画したことで図柄に取り入れることとなりました。

元祖スーパーロボットと元祖田んぼアート・田舎館村との夢の共演です。