臨時農業生産情報(台風18号に対する技術対策)について

2016年10月4日
 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、
気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。

                   臨 時 農 業 生 産 情 報
                   (台風第18号に対する技術対策) 

                                   平成28年10月4日
                              青森県「攻めの農林水産業」推進本部

気象庁の台風の進路予報(10月4日13時)によると、台風18号は、10月5日から6日にかけて本県に
最も接近する見込みです。
  今後の気象情報に十分注意し、強風や大雨等による農作物への被害の未然防止と軽減に努めてください。
 
(事前対策)
1 共通の対策
  地盤が緩み、崩壊の恐れがある農地・林地及び農道・林道並びに増水中の河川などでは、事故に巻き込まれ
 ないよう十分注意するとともに、異常を発見した場合は、速やかに市町村等へ連絡する。
 
2 りんご等果樹
(1)防風ネットを張り、破れている部分は補修する。
(2)先日の暴風で被害を受けた枝や樹は折れやすいので、支柱等で補強する。
(3)りんごのわい化樹や幼木は、支柱への結束状況を点検し、ゆるんでいる場合は再度結束する。
(4)ぶどうの垣根、なし棚、ハウス施設等は、支柱等で補強する。
(5)収穫適期となった果実は速やかに収穫する。降雨時に収穫する場合は、果実に泥が付着しないように注意
  する。
(6)落果した果実は、農薬使用基準上問題がないことを確認の上、それぞれの用途に応じて適切に処理する。
 
3 水 稲
(1)既に刈取適期を迎えているので、速やかに刈り取る。
(2)刈り取りできないほ場は、水尻を開け排水に努める。
(3)はさ掛けなど自然乾燥中の稲束は、飛散しないよう補強する。
 
4 畑作・野菜・花き
(1)ほ場や施設周辺に排水溝を設けるなどの排水対策を行う。
(2)ビニールハウスでは、倒壊したり被覆資材が飛散しないよう施設の点検、補修を行うとともに、マイカ線
  や支柱などで補強する。
(3)ながいもなどの支柱は、倒れないように補強する。
 
5 農地・農業用施設
(1)ため池は、貯水位が高い場合には放流して水位を十分に低下させておくとともに、洪水吐(こうずいば 
  き)、水門等を点検し、通水の阻害となる土砂、ゴミや流木等の除去に努める。
(2)水路は、水門が適正に閉じているあるいは開いていることを確認し、通水の阻害となる土砂、ゴミや流木
  等の除去に努める。
 
 

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751