臨時農業生産情報(発達する低気圧に対する技術対策)について

2016年11月2日
 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、
気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。

                   臨 時 農 業 生 産 情 報
                  (発達する低気圧に対する技術対策) 

                                       平成28年11月1日
                              青森県「攻めの農林水産業」推進本部

  仙台管区気象台発表(11月1日10時40分)の「東北地方週間天気予報」によると、3日は低気圧の影響
で、日本海側では荒れた天気となり、低気圧の発達程度によっては大荒れとなるおそれがあります。
  今後の気象情報に十分注意し、農作物への被害の未然防止と軽減に努めてください。

1 りんご等果樹
(1)防風ネットを張り、破れている部分は補修する。
(2)腐らん病にり病したり、雪害を受けて折損した樹は、強風で枝が折れたり、樹が倒れないよう支柱等で補
  強する。
(3)りんごのわい化樹や幼木は、支柱への結束状況を点検し、ゆるんでいる場合は再度結束する。
(4)ぶどうの垣根、なし棚、ハウス施設等は、支柱等で補強する。
(5)降雨時に収穫する場合は、果実に泥が付着しないように注意する。
 
2 野菜・花き
(1)ビニールハウスでは、倒壊したり被覆資材が飛散しないよう施設の点検、補修を行うとともに、マイカ線
  や支柱などで補強する。
(2)露地野菜のマルチ資材は、飛散しないよう土でしっかり固定する。
 

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751