臨時農業生産情報(水稲の低温に対する技術対策)について

2017年8月10日

 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、

気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。


臨 時 農 業 生 産 情 報

(水稲の低温に対する技術対策)

 

平成29年8月10日

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

 青森地方気象台が8月10日に発表した「日照不足と低温に関する青森県気象情報」によると、県南地域を中心に、気温の低い状態が今後10日間程度続く見込みとなっています。

 このため、今後の気象状況に十分注意し、次の事項に留意して、水稲の栽培管理に万全を期してください。

 

 1 出穂前のほ場で、平均気温20℃以下、又は最低気温17℃以下の低温が予想される場合は、15cm以上の深水にして幼穂を保護し、障害不稔の発生を防止する。

 

 2 出穂・開花期のほ場で、平均気温20℃以下の低温が予想される場合は、10cm程度の深水管理とする。なお、この時期は最も水を必要とする時期なので、低温でない場合でも、5~6cm程度の水深を維持し、開花・受精に支障のないようにする。

 

 3 入水に当たっては、昼間止水・夜間かんがいとし、水田の水温が急激に低下しないよう徐々に深水とする。

 

 4 ほ場をよく見回り、畦畔を点検・補強して漏水防止に努める。

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751