臨時農業生産情報(低温に対する技術対策)について

2017年8月31日

 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、

気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。


臨 時 農 業 生 産 情 報

(低温に対する技術対策)

 

平成29年8月30日

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

 青森地方気象台発表から8月30日15時34分、県内40市町村に低温注意報が発令されました。 また、これに先だち仙台管区気象台が8月29日15時01分に発表した「低温に関する東北地方気象情報第1号」によると、東北地方 では、31日から9月5日頃にかけて、気温が平年よりかなり低く、9月下旬並みの気温となる見込みとなっています。

 このため、今後の気象情報に十分注意し、次の事項に留意して、農作物の管理に努めてください。

 

1 水稲

 

 保温のため、10cm程度の深水で管理し、できるだけ落水を遅らせる。

 

2 野菜・花き

 

(1)施設栽培では、生育適温を確保するよう、ハウス開口部を早めに閉めるなど温度管理を徹底する 。

 

(2)低温性の病害が増加する恐れがあるため、早期発見・早期防除を徹底する。

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751