臨時農業生産情報(雷と突風に対する技術対策)について

2018年5月31日

 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、

気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。


臨 時 農 業 生 産 情 報

(雷と突風に対する技術対策)

 

平成30年5月30日

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

 青森地方気象台発表(5月30日16時10分)の「雷と突風に関する青森県気象情報第1号」によると、青森県では、31日昼前から6月1日にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨が降る見込みです。

 今後、強風等による農作物への影響が懸念されますので、気象情報に十分注意し、次の点に留意して、被害の未然防止と軽減に努めてください。

 

1 共通事項

 

  降ひょうの被害を受けた場合は、病気が発生しやすくなるので、農薬使用基準を確認のうえ防除する。

 

2 りんご等果樹

 

(1)おうとうの雨よけ施設やぶどうのハウス施設、樹棚などの破損・倒壊を防ぐため、マイカ線等の締め直しや支柱等による補強を行う。

 

(2)りんごのわい化樹や幼木は、支柱への結束状況を点検し、ゆるんでいる場合は再度結束する。

 

3 畑作・ 野菜・花き

 

(1)ビニールハウスやトンネルでは、倒壊したり被覆資材が飛散しないよう施設の点検、補修を行うとともに、マイカ線や支柱などで補強する。

 

(2)マルチ資材は、飛散しないよう土でしっかり固定する。

 

(3)施設周辺やほ場に排水溝を設け、排水対策に努める。

 

4 水稲

 

  4~5cm程度の適水位を維持しながら排水できるよう、ほ場の排水口で調節するとともに、排水路の点検・整備を徹底する。

 

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751