臨時農業生産情報(大雨に対する事後技術対策)について

2018年8月17日

 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、

気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。


臨 時 農 業 生 産 情 報

(大雨に対する事後技術対策)

 

平成30年8月17日

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

 8月15日からの大雨により、水田やりんご園地等で浸水・冠水などがみられて いるので、次の点に留意して、被害の拡大防止に努めてください。

 なお、ほ場の見回り等については、危険な場所には近づか ず、安全を十分確保し て慎重に行ってください。

 

1 共通の対策

 

 地盤が緩み崩壊の恐れがある農地・林地及び農道・林道並びに増水中の河川などには、絶対に近寄らないようにし、異常を発見した場合は、速やかに市町村等へ連絡する。

 

2 りんご等果樹

 

(1)浸水した園地では、速やかに排水するとともに、土壌中の過剰水は、排水溝に集めポンプで汲み上げる。

 

(2)冠水した園地では、できるだけ早く、果実や葉に付着したゴミを取り除き、泥を清水で洗い落とす。また、有袋果は除袋してから、これらの管理を行う。

 

(3)土砂の集積が激しい場合は、樹の根元の土砂を取り除 く。

 

(4)水に浸かった果実は区別して収穫する。傷ついたり、腐敗した果実は、速やかに取り除く。

 

3 水 稲

 

(1)土砂が流入した場合は、速やかに取り除く。

 

(2)畦畔や用排水路が破損した場合は、速やかに補修する。

 

(3)倒伏した場合は、できるだけ早く株起こしを行う。

 

(4)浸水や冠水したほ場の収穫や乾燥調製作業は、被害を受けなかったほ場と区分して行う。

 

4 畑作・野菜・花き

 

(1)ながいもで「穴落ち」した場合は、速やかに修復する。

 

(2)果菜類で浸水・冠水等した場合には、草勢の低下を防ぐため、摘果や早採りで着果負担を軽減する。

 

(3)露地野菜において種子が流出したほ場は、再度は種を行う。

 

(4)浸水・冠水等により損傷を受けた場合は、病害がまん延しないよう、薬剤による防除を徹底する。

 

5 農地・林地・農業用施設

 

(1)農地・林地・農林業用施設が被災した場合は、速やかに被災状況を市町村へ報告する。

 

(2)被災した農地・林地及び農林業用施設は、身の安全を確保した上で、シートで被災箇所を覆うなど、被害が拡大しないよう努める。

 

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751