臨時農業生産情報(低温に対する技術対策)について

2020年5月18日

 青森県「攻めの農林水産業」推進本部より、下記の通り通知がありましたので、

気象災害に十分注意するとともに、被害の防止に努めましょう。


臨 時 農 業 生 産 情 報

(低温に関する技術対策)

 

令和2年5月18日

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

     

 青森地方気象台発表(令和2年5月1811時22分)「低温に関する青森県気象情報第1号によると、19日から22日頃にかけて、最高気温が
 平年に比べてかなり低くなる所がある見込みであることから、農作物の栽培管理に注意してください。

 

1 水稲
(1)低温時は、できるだけ田植えを避け、天候の回復を待って実施する。
(2)
 田植えが終わった水田では、苗が冠水しない4~5cmの程度のやや深水で保温し、活着の促進に努める。

 

2 野菜・花き
(1) ハウス栽培や育苗では、必要に応じて保温資材で保護するか暖房機器で加温する。また、苗の定植は、天候の回復を待って行う。
(2) トンネル栽培では、保温資材で二重被覆する。
(3) 露地栽培の場合では、べたがけ資材で被覆する。
(4) 被害を受けても回復の見込みがある場合は、早急に葉面散布剤などの散布により、回復に努める。

 

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111
ファクシミリ:0172-58-4751