田んぼアートご利用案内

2022年5月13日

【会場案内】

 

田んぼアートは2カ所で開催します。

第1田んぼアート(田舎館村役場)と第2田んぼアート(道の駅いなかだて)の会場案内図と駐車場略図は下記をご覧下さい。

クリックすると拡大してご覧いただけます。

 田んぼアート地図画像

 

第1田んぼアート:田舎館村展望台 (田舎館村役場)

展望デッキ

・第1田んぼアートは田舎館村役場庁舎内にある田舎館村展望台から観覧できます。

・第1田んぼアートでは待ち時間が継続的に1時間を超えると予想される場合、また安全確保が必要と判断した場合は整理券を配布します。

・風雨等、天候状況によっては安全確保のため4階展望デッキに出られない場合がありますのでご了承下さい。

・6階天守閣からの観覧はできません。

 

 ※整理券についての説明や、施設のご案内は下記『施設概要』にて詳細をご確認下さい。

田舎館村展望台施設概要.pdf(8MB)

 

第2田んぼアート:弥生の里展望所 (道の駅いなかだて)

弥生の里展望所.png・第2田んぼアートは道の駅いなかだて「弥生の里」敷地内にある弥生の里展望所から観覧できます。

・風雨等、天候状況によっては安全確保のため、展望台の回廊部分に出られない場合がありますのでご了承下さい。

 

 ※施設概略図や施設のご案内は下記『施設概要』にてご確認下さい。

 

 弥生の里展望所施設概要.pdf(1MB)

 

 

 


 【展示内容・観覧期間について】

令和4年の展示内容と観覧期間は以下のとおり予定しています。

※田植え等の状況により変更になる可能性があります。

会場 展示内容 期間

第1田んぼアート

(田舎館村展望台)

田んぼアート

「モナリザと湖畔」

令和4年5月30日(月)~10月10日(月祝)

【入館無料期間:令和4年5月30日(月)~6月10日(金)】

第2田んぼアート

(弥生の里展望所)

田んぼアート

「縄文から弥生へ」

令和4年6月11日(土)~10月10日(月祝)

石アート

「車寅次郎」

 

 

 


 

【開館時間について】

両会場ともに、開館時間は下記のとおり予定しています。

【 午前9時~午後5時(最終入館 午後4時30分) 】

例年と異なり、観覧時間延長の期間はありません。

 

 


【料金について】

料金は両会場ともに、下記のとおりです。注意事項をご確認下さい。

 大人(中学生以上) 各300円
 小人(小学生) 各100円
 未就学児(小学生未満) 無料

 

 

 

~注意事項~  

 

 

・田舎館村展望台4階展望デッキへの入館券は1階展望台入り口で購入できます。
 
・田舎館村展望台6階天守閣は閉鎖しています。 
 
・団体予約および割引はありません。
 
・旅行業者等の添乗員及びバス・タクシー会社の乗務員は、お客様と一緒に入館する際に無料となります。添乗員証、乗務員証をご提示ください。
 
・障害者手帳所持者ご本人とその介助者1名は無料となります。手帳原本を1階係員にご提示ください(原本以外不可)。
 
・村関係機関及び教育上の目的のための観覧の場合、入館料免除申請を利用できます。詳しくはこちらをご確認ください。
 
 

 

【無料シャトルワゴン「たさあべ号」について】

 

第1田んぼアートと第2田んぼアートを結ぶ無料シャトルワゴン車「たさあべ号(定員9名)」を運行しておりますので両会場間の移動にご利用下さい。

※「たさあべ」…津軽弁で「田んぼへ行こう」の意味

運行期間

  令和4年6月11日(土) ~ 10月10日(月祝)
  
  
 
    ~注意事項~
  • 遊稲の館および田舎館村埋蔵文化財センターが休館の場合は「遊稲の館前」「埋蔵文化財センター前」には停車しません。
  • 両施設とも休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)です。

 


【見ごろ時期について】

第1田んぼアート、第2田んぼアートともに見ごろ時期は例年7月中旬~8月中旬です。

この時期は稲が隙間なく生育し、発色も良くアートが最も綺麗に見える時期です。

 

8月下旬以降は出穂や葉の変色により全体的に色あせていきますが、その変化もまた田んぼアートの魅力です。

季節によって表情を変えるアートをぜひお楽しみください。

 

(例)平成27年第1田んぼアートの場合

 

6月4日 6月18日 7月2日
 田植えから4日。まだ絵柄はよくわかりません。  生育が進み、少しずつ絵柄が見えてきました。

 発色が進み絵柄がわかるようになりましたが、

 まだ稲に隙間があります。

 

7月16日 7月30日 8月13日

 稲の隙間もなくなり、見ごろ時期の到来です。

 見ごろ中盤、鮮やかな絵柄が楽しめます。

 見ごろ終盤、白色の稲が少し変色しています。

 

8月27日 9月10日 9月24日

 秋に向けてアートが色づき始めました。

 白色の稲の変化が特に目立ちます。

 全体の変色がどんどん進んできました。

 緑色だった背景が黄金色に変わっています。

 

10月8日
1008.JPG

 背景部分を刈りとった後の様子です。

 絵柄が浮き上がって見えます。

 

※他の年のアートの移り変わりはこちらからご覧ください。

(リンク先のアート写真をクリックすることで、その年の移り変わりをご覧になれます。)

 

 


 

 

 

【ライブ映像配信について】

 

下記のバナーをクリックすると2箇所の田んぼアートライブ映像サイトへジャンプします。

見学前の稲の生長具合や天候の確認などにご利用ください。

 

ライブ映像配信サイト

 


【駐車場について】

 

  • 第1田んぼアート(田舎館村展望台)へお越しの方は、田舎館村役場駐車場をご利用下さい
  • 第2田んぼアート(弥生の里展望所)へお越しの方は道の駅いなかだて駐車場および弥生の里第2駐車場をご利用下さい
 

 

【注意事項、ご協力のお願い】

 

  • 各会場における飲食について

  第1田んぼアート(田舎館村展望台)、第2田んぼアート(弥生の里展望所)のどちらも展望台及び館内での飲食(飴・ガムも含む)は禁止です。

  • 館内及び展望台は禁煙です。
  • 館内及び展望台での火気使用及び危険物の持ち込みは厳禁です。
  • ペットを連れての入館は禁止です(盲導犬・介助犬・聴導犬を除く)。
  • 展望台・展望所では、三脚等を使ってのカメラやビデオの撮影は禁止です(係員より取材許可証の貸与を受けた報道関係者のみ可)。
  • その他、係員の指示に従っていただきますようお願いいたしま

  ※係員の指示に従わない場合は退場していただく場合もございます。

 


 

【新型コロナウイルス感染症感染防止対策について】

 ・観覧順路の指示の通りお進みください。

  ※田舎館村展望台における田んぼアート観覧のための入場口は、文化会館で入口(中央公民館側)のみとなっております。

   役場正面出入り口からの通り抜けはできません。

 来場者の人数制限をします。

 必ずマスクを着用し、入場の際に手指消毒と検温をお願いします。

 ソーシャルディスタンスを確保してください。

 ・入場の際、第1会場、第2会場それぞれで入館者確認書へのご記入をお願いします。

  または、次のファイルを事前に印刷し、記入してご提出いただくことで、所要時間の短縮につながります。

  入館者確認書 .pdf(165KB)

 

 皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

企画観光課
商工観光係
電話:0172-58-2111
ファクシミリ:0172-58-4751